11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECOMMEND
小ネコちゃんて言ってみナ―ヤンの短篇集
小ネコちゃんて言ってみナ―ヤンの短篇集 (JUGEMレビュー »)
町田 純
ねこのヤンがとてもかわいいのです。「ボクの誕生日」というお話は読んだら涙が出てきます。ヤンはあなたで、そしてわたしなのです。
SPONSORED LINKS
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS
3ミリ
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH
<< 意外性 | top | 綿工業の町 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
MY FOOT
評価:
the pillows,SAWAO YAMANAKA
キング
¥ 2,400
(2006-01-12)
年代が一緒というのは、なんか説得力があるような気がする。
何歳になっても、どこにいても、自分がStrangerだと感じてしまうその気持ちが、山中さわおも持っているのかな。
(持っているから、こういう歌を作るのか・・・)

今日は頭が痛い。
偏頭痛じゃないよ、前頭葉のどまんなかが痛い。
お米のスープ(おかゆみたいなものを想像してもらえばいい)を作って飲んで、寝ようかな。
眼精疲労の可能性が濃い。
いみ | 芝日記 | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
スポンサードリンク | - | 23:34 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL: